スイートアーモンドオイル 1L キャリアオイル フェイス ボディ 保湿 ヘアオイル マッサージ 天然100% 無添加 精製 発売モデル 顔 髪 体 ベースオイル 業務用 ボディマッサージオイル ボディオイル マッサージオイル フェイスオイル 美容オイル アロマ 2282円 スイートアーモンドオイル 1L キャリアオイル (フェイス ボディ 保湿 ヘアオイル マッサージ) 天然100% 無添加 精製 [ ベースオイル アロマ マッサージオイル フェイスオイル ボディマッサージオイル ボディオイル 美容オイル 髪 顔 体 業務用 ] ドラッグストア マッサージ・アロマ マッサージオイル スイートアーモンドオイル 1L キャリアオイル フェイス ボディ 保湿 ヘアオイル マッサージ 天然100% 無添加 精製 発売モデル 顔 髪 体 ベースオイル 業務用 ボディマッサージオイル ボディオイル マッサージオイル フェイスオイル 美容オイル アロマ ドラッグストア , マッサージ・アロマ , マッサージオイル,ボディ,elijahpowell.com,スイートアーモンドオイル,ヘアオイル,ボディマッサージオイル,体,保湿,2282円,],マッサージオイル,マッサージ),/hypocritic1455352.html,天然100%,美容オイル,ボディオイル,[,アロマ,業務用,ベースオイル,キャリアオイル,顔,無添加,髪,精製,1L,(フェイス,フェイスオイル 2282円 スイートアーモンドオイル 1L キャリアオイル (フェイス ボディ 保湿 ヘアオイル マッサージ) 天然100% 無添加 精製 [ ベースオイル アロマ マッサージオイル フェイスオイル ボディマッサージオイル ボディオイル 美容オイル 髪 顔 体 業務用 ] ドラッグストア マッサージ・アロマ マッサージオイル ドラッグストア , マッサージ・アロマ , マッサージオイル,ボディ,elijahpowell.com,スイートアーモンドオイル,ヘアオイル,ボディマッサージオイル,体,保湿,2282円,],マッサージオイル,マッサージ),/hypocritic1455352.html,天然100%,美容オイル,ボディオイル,[,アロマ,業務用,ベースオイル,キャリアオイル,顔,無添加,髪,精製,1L,(フェイス,フェイスオイル

スイートアーモンドオイル 1L キャリアオイル フェイス 価格 交渉 送料無料 ボディ 保湿 ヘアオイル マッサージ 天然100% 無添加 精製 発売モデル 顔 髪 体 ベースオイル 業務用 ボディマッサージオイル ボディオイル マッサージオイル フェイスオイル 美容オイル アロマ

スイートアーモンドオイル 1L キャリアオイル (フェイス ボディ 保湿 ヘアオイル マッサージ) 天然100% 無添加 精製 [ ベースオイル アロマ マッサージオイル フェイスオイル ボディマッサージオイル ボディオイル 美容オイル 髪 顔 体 業務用 ]

2282円

スイートアーモンドオイル 1L キャリアオイル (フェイス ボディ 保湿 ヘアオイル マッサージ) 天然100% 無添加 精製 [ ベースオイル アロマ マッサージオイル フェイスオイル ボディマッサージオイル ボディオイル 美容オイル 髪 顔 体 業務用 ]


商品の説明

【精製】アーモンドから抽出したビタミンEを多く含むキャリアオイル。ゆっくりと浸透し、マイルドで赤ちゃんにもお使いいただけます。肌に透明感を与える成分が豊富です。皮膚を柔らかく保つ「エモリエント」に優れ、肌トラブルを穏やかに整えます。またヘアオイルにもお使いいただけます。

【仕様】
■容量:1000ml
■精製
■色:黄色
■香り:ややあり
■滑り:普通
■浸透性:ややゆっくり
■成分特徴:オレイン酸、ビタミンA・B・E
■適した肌質:敏感肌
■使用割合:単独使用に適している
■酸化安定性:比較的酸化しやすい
【製造国】
日本
【メーカー(発売元/製造元)】
(株)ワールドジェイビー(7エステオリジナル商品)

キャリアオイルとは?
植物の果実や種子などから抽出した肌馴染みのよいオイルです。精油(エッセンシャルオイル)ともなじみやすく、精油を薄めて体内に運ぶもの(キャリア)という意味でアロマヒーリングではキャリアオイル、
またはベースオイルと呼ばれています。
精油をブレンドすることにより、手のぬくもりと良い香りで、お肌やボディのメンテナンスはもちろん、心身とも深くリラックスができます。
7エステで取り扱いのあるキャリアオイルは厳選された原料のみ使用し抽出した、天然素材100%の
オイル。全ての肌質やあらゆる用途にご使用いただけるよう、豊富な商品ラインナップになっております。
・セルフエステにも
・エステサロンでも
・精油とブレンドして


7エステのキャリアオイルの特徴
●100%天然素材から抽出した上質なオイル。
・100%天然素材から抽出。品質にこだわり世界中から厳選した原料のみを使用。
・防腐剤・香料・着色料・石油界面活性剤は全て無添加。
【 NO 防腐剤 】【 NO 香料 】【 NO 着色料 】
【 NO 石油系界面活性剤 】


さらに!!
●種類によって粘度が異なる
オイルの種類により、粘度が軽いものと重たいものがあります。用途やお好みに合わせて他種のオイルを混ぜて使うことも可能です。

●浸透性が良い
キャリアオイルはお肌へよく馴染み、浸透性が良いので、芳香成分も肌の奥まで運びます。エッセンシャルオイルを混ぜて使う理由も、肌への浸透性が良いからです。

●品質を保持する容器
遮光性を高めるため、アルミ容器を使用しています。また、酸化防止の為に窒素ガスを充填しています。開封後はオイルが空気にふれて酸化が始まりますので、お早めに使い切ってください。
※使い切り目安:開封後3か月程度

⇒7エステのキャリアオイルは多くのエステサロン様からご愛用いただいております。多用途にご使用いただけるので、ご家庭用にも大変おススメです。

What’s “SWEET ALMOND”?
肌に透明感を与える成分が豊富です。皮膚を柔らかく保つ「エモリエント」に優れ、肌トラブルを穏やかに整えます。

スイートアーモンドオイルの仕様
【色】黄色
【香り】ややあり
【滑り】普通
【浸透性】ややゆっくり
【成分特徴】オレイン酸、ビタミンA・B・E
​【使用割合】単独使用に適している
【おすすめの肌質】敏感肌
【酸化安定性】比較的酸化しやすい

オススメの使い方
★保湿に
乾燥する部分に数滴を薄くなじませます。浸透性が高く、低刺激なので小さなお子様にも。

★スキンケアに
洗顔後、化粧水でお肌を整えた後、1~2滴を手にのばし、顔を包み込むようになじませます。使い続けることで、肌に透明感が生まれます。

★ヘアケアに
洗髪後、タオルドライで髪を乾かしてから、少量のオイルを手に取り、髪に馴染ませるように塗布してください。
※付けすぎるとべたつきが気になる場合がございますので、少量からお使いいただき自分に合った量をお探しください。

スイートアーモンドオイル 1L キャリアオイル (フェイス ボディ 保湿 ヘアオイル マッサージ) 天然100% 無添加 精製 [ ベースオイル アロマ マッサージオイル フェイスオイル ボディマッサージオイル ボディオイル 美容オイル 髪 顔 体 業務用 ]

缶のデザインは可愛いです。遮光のボトルに少量ずつ入れかえての仕様です。オイルは初めてでしたが、私には合わなかったようで、塗った直後の最初のべたつきが気持ち悪く感じてしまいました。翌日の肌はしっとりもっちりしているかな?劇的な変化は感じられず、なんとなくもっちりしているように思いました。コスパはいいと思います。リピはありませんが、違うオイルを試そうか悩み中です。オイル自体私には合わないのか…メイク落とし、保湿、ヘアオイルなど一種類で済めば楽なのですが、そんな都合の良いものはなかなかないのでしょうか?
元のボトルは大きく重いので、使い切った無印良品の化粧水ボトルに詰め替えて使っています。こちらは文字通り「全身」に使えるオイルです。商品説明にヘアケアにもと書いてあったのが購入の決め手となりました。いつもはミルボンのトリートメントを使っていますが、ためしにこちらのオイルを試してみたら、ビンゴ!私はこれで十分です。テクスチャがサラサラなので、髪にも使いやすく便利だと思いました。また、体への使い方としては、お風呂上がりにバシャバシャと化粧水を全身につけたあと、蓋をするようにオイルを伸ばしながら使っています。やはりオイルを使った方が乾燥しませんね。ボディクリームよりも保湿できそうなので、これに切り替えました。とにかく量がたくさん入っているのはありがたいです。タイムセールになっている時は更にお得です!ずっと売っていて欲しいなぁ。
クレンジング、保湿、マッサージなどありとあらゆることに使ってます!大容量でコスパ抜群です。クレンジングで使い始めてからは毛穴の黒ずみがなくなり、あと一歩で毛穴レスになりそうです!某人気クレンジングを使っていましたが、こちらに乗り換えて正解でした!肌も柔らかくなり、クレンジングついでにフェイスマッサージもしてるので、顔の浮腫が取れ小顔に近づいた気がします。私は敏感肌ですが、ヒリヒリしたり荒れる感じはなく使えてます。ただボトルが大きく使いにくいので、ポンプなどをつけてくれるとありがたいかなって思ってます。百均のポンプボトルへ移し替えて使ってます。現在妊娠中なので、会陰マッサージやおっパイマッサージなどにも使ってます。コスパいいので、たくさん使えるのがありがたく、リピートしてます。あ!個人的にめちゃくちゃ好きなのがオイルを使ったおへその掃除です。痛みなくゴッソリ汚れが取れるので、かなりスッキリします!みなさんもやってみて下さい!感動しますよ!
オイルマッサージ用に購入しました。たっぷり入っていて香りは全くなく、のびが凄くいいです。首から足まで全身につかっています。サラッとした使い心地で使い終わったあともベタつきなどなくそのまま寝ても問題なかったです。次の日お肌がしっとりしていました。 リピ決定です!

英語論文の読み方のコツとは?英語が苦手な理系研究者必見

大学の学部時代の成績と、研究者としての実力は、必ずしも比例しないとはよく言われることです。学科試験は抜群であったのに、研究室に配属されてからは伸び悩む人は、決し…

医薬品の品質管理と標準物質~ワーキングスタンダードと二次標準物質~

なぜ医薬品の品質管理において標準物質選びは重要なのか? 医薬品の品質管理において、物質のモノサシの役割をする標準物質は重要です。もしも、モノサシの目盛りが毎回…

<研究最前線>佐々木雄彦-脂質に注目して病態形成を明らかにする

東京医科歯科大学難治疾患研究所教授の佐々木雄彦先生は、生体内に存在する脂質と疾患との関係に注目し、脂質の生理活性と作用機序の解明を進めています。脂質研究・分析技…

【保存版】RNA精製→逆転写→リアルタイムPCRの実験フロー

遺伝子発現解析でよく使われるRT-PCR。特に、定量的な解析ができるリアルタイムPCRは、発現量の解析で必要不可欠な手法となっています。しかし、実験がうまくいか…

<研究最前線>泊幸秀-古き良き生化学にこだわる姿勢

東京大学定量生命科学研究所教授の泊幸秀先生は、タンパク質に翻訳されないRNAである「ノンコーディングRNA(ncRNA)」に注目し、その機能や原理の解明に取り組…

<研究最前線>三浦正幸-細胞死を軸に広い視野で発生や成長をとらえる

東京大学大学院薬学系研究科教授の三浦正幸先生は、細胞死の研究を主軸としながら、発生や成長におけるサイズ制御や、再生における代謝制御、栄養と腸内細菌の関係など、多…

<研究最前線>塩見 美喜子-“動く遺伝子”から生殖細胞のゲノムを守る仕組みを解き明かしたい

東京大学大学院理学研究科教授の塩見美喜子先生は、生殖組織(卵巣・精巣)で特殊なDNA配列である「トランスポゾン」による遺伝子破壊からゲノムを守るための”品質管理…

<研究最前線>胡桃坂仁志-DNA収納様式から遺伝子発現制御を明らかにする

東京大学定量生命科学研究所教授の胡桃坂仁志先生は、DNAの核内収納様式である「クロマチン構造」に注目し、遺伝子発現を制御する仕組みを解明しようとしています。クロ…

<研究最前線>濡木理-生体分子の構造解析から昔願った生きがいを見出す

東京大学大学院理学系研究科教授の濡木理先生は、主に膜タンパク質や非翻訳RNA結合タンパク質を原子分解能レベルで観察し、その構造解析から生命現象を理解することを目…

<研究最前線>サリドマイド催奇性はどのようにして解明されたのか

サリドマイド催奇性、その原因を追う 1950年代後半に催眠鎮静薬としてドイツで開発され、かつて日本でも睡眠薬や胃腸薬として広く販売されたサリドマイド。妊婦のつ…

<インタビュー>日本の食の安全を守る 食品検査の現場で行われていること

第三者食品検査機関「マイコトキシン検査協会」とは 日本は今も、多くの食糧を輸入に頼っています。日々の食卓に欠かせない穀物や野菜はもちろん、ナッツやスパイスなど…

<研究最前線>検査効率の向上を実現!アフラトキシン分析に適した多機能固相カラムとは

大量の検体を短時間で検査 一般財団法人マイコトキシン検査協会では、厚生労働省の登録検査機関として、輸入食品の検査などが行われています。検査は研究のための実験と…

【初めての論文投稿⑧】オンライン投稿~準備から投稿完了まで~

オンライン投稿前に準備すべき7つのこと 論文の原稿が仕上がったら、あとは投稿するだけです。現在はオンライン投稿が主流で、雑誌や出版社のサイトには専用フォームが…

Nus•Tagによる大腸菌発現タンパク質の可溶化

Nus•Tagシステムの魅力 大腸菌の菌体内は動物細胞などと大きく異なり、極めて還元的な環境となっています。そのため大腸菌でタンパク質を発現させる際、S-S結…

【徹底比較】シリンジフィルターの性能

理想的なろ過を実現するフィルターの条件 シリンジフィルターは、機器分析サンプルの前処理や少量のサンプルの滅菌、抗生物質・培地添加剤などの溶液をろ過減菌するツー…

【初めての論文投稿⑥】本文の書き方のポイント

英語で論文を書く作業は、慣れないうちはなかなかハードです。何から手を付ければいいのかわからず途方に暮れる人もいるかもしれません。しかし、論文の設計図である「アウ…

薬の反応をより確実に予測する3D培養

がん治療薬開発で注目される3D培養 抗がん剤の開発では、細胞や動物モデルを用いた前臨床研究で、ヒトに効くターゲットをいかに効率よく見出すかが課題となっています…

「科学の街」に建つ、メルクのイノベーションセンターとは

アイデアを交換し、推進する場所「メルクのイノベーションセンター」 ドイツ中西部に位置するダルムシュタット。別名「科学の街」とも呼ばれるこの街には、科学分野の研…

3次元細胞培養技術の種類とその特徴

3次元細胞培養技術の選択 3次元細胞培養は従来の2次元的細胞培養に比べ、in vivoの生理学的環境により近く、優れたモデルとして注目されています。 3次元…

固相マイクロ抽出(SPME)法の理論と条件の最適化

シンプルで安価な抽出法「SPME」の特長 有機環境汚染物質や香料など、揮発性物質を分析するためには、分析対象物を何らかの方法で濃縮する必要があります。しかし、…

安全な試薬容器の選び方

実験試薬の管理は万全ですか? 実験室では数々の化学物質を日常的に扱いますが、その中には人体に影響を及ぼしたり、環境を汚染したりする有害物質も多く含まれています…

Bmw Z4 E85 2003 2004 2005-2008 ダッシュボードカバー太陽シェード非スリップダッシュマットパッドカーペット車のステッカーインテリアアクセサリー-Black edge, Right Hand Drive

<研究者インタビュー>辻佳子―「やりたいこと」に向き合って生きる

「やりたいこと」に素直に生きる 東京大学環境安全研究センター長として、研究者の環境安全教育に取り組む辻佳子教授。兼担している工学系研究科化学システム工学専攻で…

<研究最前線>輝く分子で生命活動を探る

生命現象を「視える化」する ―まず、五稜化薬という会社について紹介いただけますでしょうか。 蛍光プローブの製造・販売を専門とするベンチャー企業で、2010年…

分子生物学実験の基本 滅菌操作をマスターしよう

滅菌とは 滅菌とは「全ての生物を死滅させるか、完全に除去すること」を指し、分子生物学実験において非常に重要な操作の一つです。大腸菌培養や細胞・組織の無菌培養を…

徹底サポート!シグマ アルドリッチのカスタム製品サービス

もっと知りたい!シグマ アルドリッチのカスタム製品 試薬の数でトップクラスを誇るシグマ アルドリッチですが、実は、ユーザーの実験計画に合うアレンジや設計を行う…

受容体の機能を知るための作動薬・拮抗薬の使い方

作動薬・拮抗薬の作用機序を知って正しい実験を 生体内に存在する受容体は、リガンドを認識して生体のさまざまな機能を誘導する重要な物質です。受容体の機能を調べるた…

阻害剤マスターの道!酵素反応の実験系を正しく構築するには

酵素反応の実験系を構築するときの注意点とは 生化学的な酵素反応を定量するときは、さまざまな条件を考慮して実験系を構築します。特に最大反応速度の測定には、反応系…

マルチプレックスビーズベース解析とxMAP®テクノロジー

マルチプレックス解析とは マルチプレックス解析は、その名称が示す通り、1回のアッセイで複数の分析対象を試験する技術です。マルチプレックス検出では、バイオマーカ…

【初めての論文投稿①】執筆準備から掲載までの流れを知ろう

半年後を見据えて準備しよう 「そろそろ投稿論文を書き始めなくては」と思いながらも、なかなか手を付けられないでいる人はいませんか?「何から始めればいいのかわから…

<詳細解説>薄層クロマトグラフィー(TLC)の基本と原理

低コストで手軽な薄層クロマトグラフィーを使いこなそう 液体クロマトグラフィーの一種である薄層クロマトグラフィー(以下、TLC)は、低コストで手軽な分析方法です…

限外ろ過を応用してPCR産物を精製する方法

限外ろ過を応用してPCR産物を精製しよう ポリメラーゼ連鎖反応(PCR:Polymerase Chain Reaction)は、DNAポリメラーゼを用いて、わ…

「キャピラリーガスクロマトグラフィー」とは

クロマトグラフィーの歴史と発展 クロマトグラフィーは、気体、液体、超臨界流体を移動相とし、カラムと呼ばれる管の中に充填された固定相と物質の相互作用によって混合…

<研究者インタビュー>佐々木敦朗―留学で見つけた、自分の新たな可能性

夢をかなえるために必要なこと 「日本とアメリカの両方でラボを持ちたい」。佐々木敦朗(あつお)先生はそんな夢を抱いてアメリカに留学しました。 情報も少なく孤立…

研究留学の「生の声」を聞く!経験者からの8つのアドバイス

留学経験者から聞く「生の声」 留学を思い立ったとき、みなさんはまず、どこから情報収集するでしょうか。ネットで調べたり、本を買ったり、先輩に相談したり―。 情…

界面活性剤を選ぶときのポイントと界面活性剤を除去する方法

界面活性剤は先の実験も見据えて選ぼう 細胞や組織からタンパク質サンプルを調製するとき、疎水性タンパク質を可溶化する目的で用いられる界面活性剤。化学構造の微妙な…

タンパク質実験における界面活性剤の重要性

タンパク質実験に欠かせない界面活性剤 顔や体を洗う石けん、衣類の洗剤や柔軟剤、化粧品といった、日常生活のあらゆる場面でも使われている界面活性剤。ライフサイエン…

PCRによるマイコプラズマ感染の検出法

細胞培養とマイコプラズマ感染 マイコプラズマによる培養細胞の感染は、実験に大きな影響を与えます。通常、マイコプラズマによる感染で哺乳動物細胞が死滅することはあ…

ウェスタンブロッティングで失敗したら見直したい3つの条件

失敗の原因は検出反応にあるとは限らない ウェスタンブロッティングは、下図のように目的タンパク質の分離、転写、検出(抗原抗体)反応という複数の工程から成る複雑…

研究留学をネットワークで徹底サポート!UJAとは

研究留学、最初の一歩を踏み出すために 研究留学と聞いて、皆さんはなにを思い浮かべるでしょうか?「英語が苦手でもう少し準備ができてから」「慣れない土地での生活で…

マイコプラズマ汚染検出方法、「直接培養法」と「DNA染色法」

細胞培養実験でのマイコプラズマ汚染試験の必要性 培養細胞の代表的汚染微生物として知られるマイコプラズマ。一般的には、しつこい咳と、頑固な発熱が特徴のマイコプラ…

すぐに役立つ!失敗例から学ぶウェスタンブロット

実験失敗の原因を知ろう ウェスタンブロットは、ライフサイエンス実験の基本的なテクニックですが、他の実験と同じく正確な結果を出すためにはある程度の慣れと経験が必…

PCRの結果を向上させる要素とは

PCRに影響を与える条件 PCRの結果は使用する機器や酵素によって大きく左右されますが、他にも様々な条件や試薬の違いに影響を受けます。この記事では、PCRの結…

PCR・RT-PCR用酵素の選び方

酵素の選択がPCRの結果を左右する より高効率で高精度のPCRを実現するため、また多様な用途に対応するため、これまでにいくつものPCR酵素やRT-PCR酵素が…

ウェスタンブロットの基本の流れ—成功に導くヒント—

実験のクオリティを決めるウェスタンブロット ウェスタンブロットは、ライフサイエンスの研究において一般的に選択される実験方法。タンパク質抗原の多数の重要な特性を…

<研究者インタビュー>山路剛史―失敗を恐れず自分のやりたいことをやる

生物学のフロンティアを目指して 2018年の2月に米国オハイオ州のシンシナティ・チルドレンズ・ホスピタル・メディカルセンターで自分のラボをスタートさせた山路剛…

<研究最前線>分子と生物の間のブラックボックスを解明!生殖細胞のRNAバイオロジー

フロンティアを目指して 今から15年前、修士の学生だった山路剛史先生は、この先、研究者として生きていく上でどの分野を選べばよいかを考えていました。まだ誰もあま…

効率アップ!マルチプレックスアッセイ、カスタマイズの成功事例

医薬品や農薬の開発過程で活躍するマルチプレックスアッセイ 少ないサンプル量と工数で、迅速に最大500種類ものバイオマーカーの測定ができるマルチプレックスアッセ…

マルチプレックスアッセイで、バイオマーカースクリーニング実験を効率的に

タンパク質バイオマーカーのイムノアッセイ マルチプレックスアッセイは、ひとつの生体サンプルから一度に多項目の情報を取得する実験手法の総称です。 タンパク質バ…

PCR技術を発展させた酵素開発の歴史

PCR技術の発展 初期のPCRは画期的かつ重要な技術である一方、重大な限界もありました。(McPherson and Møller, 2000)。研究者たちは…

細胞を生きたまま染色する新しい蛍光色素

理想的な蛍光色素を求めて 細胞や組織、動物が生きている状態で分子の動態を観察できる蛍光生体イメージング。観察する細胞や分子などを標識する蛍光色素の開発は、20…

経験者が伝授するポスドクの応募方法

納得のいくポスドク先を選ぶために 博士課程の次の進路として、ポスドクの道を考えている人は多いと思います。納得のいく研究室を選択するためには、早くから準備をして…

<研究者インタビュー>琵琶湖からアマゾンへ 。「環境DNA」がかなえた夢

熱帯魚が決めた進路 魚類生態学分野の調査といえば、生物個体を捕獲して分析を重ねる手法が一般的です。そこに住む生物を詳しく調べることで、生態の謎を解き明かしてい…

DIGシステムにおけるオリゴヌクレオチドプローブ作成方法

DIG標識オリゴによるハイブリダイゼーション ハイブリダイゼーションによる核酸の検出には、RI(放射性同位元素)を用いる方法と、抗原抗体反応と化学発光を利用す…

世界中で用いられる水分測定法「カールフィッシャー法」とは

ライフサイエンスの世界にある法則名の由来と不思議 ライフサイエンスの研究では、様々な法則、手法が用いられています。例えば、ランベルト・ベールの法則、ボイル・シ…

<インタビュー>牧田直大―京大発の技術でiPS細胞由来心筋細胞の社会実装を

iPS細胞由来心筋細胞の早期実用化を目指して 京都大学出身の牧田直大さん。学部時代の専攻は土木工学で、そのまま大学院の工学研究科に進みました。ところが、あるき…

<研究最前線>低コスト生産を可能にしたiPS細胞から作る心筋細胞の新技術とは

低コストで安全性の高い心筋細胞を作り出せる理由 iPS細胞の臨床応用が待ち望まれている臓器は無数にあり、心臓もそのひとつです。心臓病は世界的にも死因として大き…

不可逆的阻害剤と温度・pH変化による阻害

酵素活性を阻害する要因 酵素は触媒的な性質があり、反応への関与によって酵素自体が変化することなく、反応速度を加速します。酵素活性は多くの要因に依存しています。…

<研究者インタビュー>渡辺亮 iPS細胞×シングルセル解析で見えたもの

iPS細胞は再生医療だけじゃない 研究者だけでなく一般の人々からも大きな期待が注がれている人工多能性幹細胞(iPS細胞)研究。その中核を担う「京都大学iPS細…

<研究最前線>シングルセル解析技術で解明される細胞の運命

「シングルセル」を解析すると何がわかるのか シングルセル解析技術は、複数の細胞集団の平均値を解析する従来の方法とは異なり、一細胞レベルでの遺伝子発現やそれを制…

基本を学ぶ。酵素と阻害剤の反応速度論

酵素阻害剤について理解するために 酵素阻害剤は酵素による生化学的な反応を阻害するため、研究や医療など様々な用途で活用されています。酵素阻害剤について理解し、利…

細胞継代の手順。細胞のタイプにあった方法を選択しよう

なぜ継代が必要なのか 細胞を同じ容器の中で培養し続けると、次第に培養密度が高くなり細胞の老化や細胞死を引き起こします。これを防ぐため、少量の細胞を別の容器に移…

細胞培養を始める前に。守るべき注意点と無菌テクニック

細胞培養における基本的な注意点 細胞培養の基本操作には、コンタミネーションを防ぎ安全に実験を進めるために、やるべきこととやってはいけないことがあります。他の研…

自己紹介から始めよう!研究者のための英語コミュニケーション術と習得法

自己紹介するときに気をつけたいこと 今年こそ英語を何とかしたいと思っている人に向けて、海外で暮らしている研究者から様々なアドバイスをもらいました。英語のコミュ…

抗体試薬を長持ちさせるコツ【保存と取り扱いのポイント】

正しい保存と取り扱いで長持ち 抗体の機能を維持し、寿命を長く保つためには、適切な保存や取り扱いが非常に重要です。適切に保存された抗体は、時間が経ってもほとんど…

抗体の選び方と濃度検討のポイント

抗体実験を始める前に 抗体を使用した実験計画を立てる際には、使用する抗体の種類や、濃度などの条件を選択・判定しなければなりません。また、必要に応じて二次抗体の…

モノクローナル抗体とポリクローナル抗体の作製と特徴

抗体産生の基本的なしくみ 研究ツールとして用いられる抗体には、ポリクローナル抗体とモノクローナル抗体とがあります。これらは作製方法や性質が異なるため、用途にあ…

ICP・原子吸光(AAS)・イオンクロマトグラフィー用認証標準物質TraceCERT®の特徴とは?

ISO/IEC 17025 とISO Guide 34 のダブル認定 TraceCERT®認証標準物質(CRM)は、ISO 17025(試験所及び校正機関の能…

分析前処理に使う精密ろ過フィルターの選び方

フィルター選びの4つのポイント 分析前処理用に分類されるフィルター製品には様々な種類があります。各メーカーのカタログにはそれぞれの特長が書かれていますが、実際…

研究者に伝えたい、研究費獲得のために大切なこと

研究費を獲得するために大切なこと 研究を続けていくには、予算を獲得し途切れさせず運用しなくてはいけません。そのためには、若手のうちから将来のキャリアを見据えた…

タンパク質の凝集を防止する非界面活性剤NDSBのすすめ

タンパク質実験のお助けパウダーNDSB せっかく苦労してタンパク質を精製したのにNMRスペクトルを測定してみたら、サンプルが凝集していて分離したシグナルが得ら…

RNAi実験の基礎 shRNA導入細胞を選択する抗生物質濃度の最適化

高すぎず低すぎない抗生物質の最適濃度を決定しよう RNAi法でshRNAベクターを細胞に導入した後は、抗生物質でshRNAが導入された細胞をセレクションする必…

アガロースゲル電気泳動後のDNA抽出

アガロースゲルからのDNAの回収 電気泳動で分離したDNAをクローニングなどに使用するときは、DNAフラグメントをゲルから回収して抽出する必要があります。ゲル…

pETシステムによるタンパク質発現系構築のポイント

pETシステム、タンパク質発現系構築の注意点 pETシステムは、大腸菌を用いた組換えタンパク質のクローニング・発現システムのひとつです。この記事では、pETシ…

DNAフラグメントとプラスミドのライゲーション(クローニングの基礎と実験のコツ)

ライゲーションのコツ コントロール反応を用意する DNAリガーゼを使ってDNA断片同士をつなぐ反応をライゲーションと呼びます。この記事では末端処理したDNAフ…