イグジステンズ 『1年保証』 DVD イグジステンズ 『1年保証』 DVD elijahpowell.com,DVD , 外国映画 , ミステリー・サスペンス,イグジステンズ,[DVD],629円,/cuttyhunk1455359.html 629円 イグジステンズ [DVD] DVD 外国映画 ミステリー・サスペンス 629円 イグジステンズ [DVD] DVD 外国映画 ミステリー・サスペンス elijahpowell.com,DVD , 外国映画 , ミステリー・サスペンス,イグジステンズ,[DVD],629円,/cuttyhunk1455359.html

イグジステンズ 現品 1年保証 DVD

イグジステンズ [DVD]

629円

イグジステンズ [DVD]

商品の説明

Amazonレビュー

   天才ゲームデザイナーのアレグラが、新作ゲーム「イグジステンス」の発表会でトラブルに巻き込まれる。青年テッドに支えられ脱出した彼女は、テッドに新ゲーム「イグジステンス」を試そうと提案。それは脊髄に有機生命体のゲーム端末を差し込んで、ゲームの世界へトリップするというものだった。
   脊髄にゲーム端末を差し込むアイデア、トリップした奇妙な世界など、観る者の頭の中をグチャグチャにかきみだす演出は、デヴィッド・クローネンバーグ監督お得意のもの。テクノロジーに侵された人間の脳の乱れを見るようで、気味が悪いけれど興味深いという不思議な映画だ。天才ゲームデザイナーにジェニファー・ジェイソン・リー、テッドにジュード・ロウ。ジュードがクローネンバーグの世界にピッタリはまっているのも注目だ。(斎藤 香)

内容(「Oricon」データベースより)

デビッド・クローネンバーグ監督がバーチャルリアリティゲームの世界をショッキングかつグロテスクに描いたホラー作品。ジュード・ロウ、ジェニファー・ジェイソン・リーほか出演。

イグジステンズ [DVD]

エログローネンバーグは基本でしょう。ビジュアル的にはネイキッドランチと通じるモノかも。それに役者さん選びはいつも上手い。色っぽさが足りないくらいの所が余計に色っぽいジェニファー、美味しいとこ頂いていきますのイアン ホルムとウィレム デフォー、毛がたくさん有るジュード ロウ。映画なのでSFだのサスペンスだの言葉が付いてきますが、この監督、意外と結構単純にビジュアルだけだったり、エログロだけだったりしますよ。余計な追記....ジェニファー姉様には、ぜひキャシイー ベイツおば様の後継者になってもらいたい。だいじょうぶ!怖くなれるって。
 久々のオリジナル・ストーリー、なのに今一つ浅いとかハジけていないとかでクローネンバーグ作品中やや影の薄い感があるかもしれない本作。私見では、自らの原案なだけに却って肩の力が抜けて、小説家でいうと創作よりもエッセイや日記のような、一種余技めいた位置づけが可能な作品なのではないかと思う。 ゲームの中でも外でも紙芝居のように型通りのセリフをしゃべり、型通りのリアクションをする登場人物、いちいち「モーテル」「田舎のガソリン・ステーション」などと看板が掲げてある書き割りのような舞台装置といった意図的に薄っぺらい作品世界(オチまでも…)とは裏腹に、現実に自分を繋ぎ止めようとするかのように常に何かに触れ続ける主人公たちの不気味さ、危うさ。「手触り」とは、現実世界と認識世界が溶け合う境界線としてクローネンバーグ映画にしばしば登場するモチーフだと思う(『ビデオドローム』で指に付いたケチャップを拭き取るジェイムズ・ウッズ、『 クラッシュ 』で車や人体の傷跡をなぞるジェイムズ・スペイダー、『 コズモポリス 』で主人公の足に触れるジュリエット・ビノシュ等々)のだが、本作は肉塊のようなゲーム・ポッドや粘液に塗れた骨肉ピストル、ざらついたコンクリート壁、油と錆だらけの機械、真紅のクッション、お互いの手等々、硬軟・冷暖・乾湿いずれの感触もじかにこちらの指先に伝わってきそうな、ひときわ「触」に淫した一篇。2008年にトリノで開催、クローネンバーグ作品からのスチール画像で構成された個展『染色体 Chromosomes』(『ザ・ブルード/怒りのメタファー』のフランス公開題が『Chromosome 3』らしいが)では、展示されたパネルのうち実に4割近く(カタログの大小図版をざっと数えると107枚中40枚)が手のアップというのも、上記のような(特に近年顕著な)作風からしてさもありなん。彼は増村保造『 盲獣 』を観てるだろうかとふと思ったりする。 出演者の中では、夢を見ているような心許なさとゲームへの狂気じみた偏愛で今にも病み崩れそうといった風情のジェニファー・ジェイソン・リーが圧倒的印象。半ば撮了していたスタンリー・キューブリック『 アイズ ワイド シャット 』を蹴ってこちらを取ったというのは立派&賢明な選択。いきなりそれはネタばらしになってるんじゃないのかと余計な心配をするほど重く不気味なハワード・ショアの音楽、原形質の中を漂い沈んでいくようなタイトル・デザインも秀逸。
Blu-ray化になってから、久しぶりに見ました。個人的には、クローネンバーグの最高傑作だと思ってます。あまり賛同を得られないかと思いますが。ホラー、バイオレンス、内臓ぐちゃぐちゃ系、幻想、不条理などクローネンバーグが得意とする要素満載で、クローネンバーグの集大成だと思います。この作品以降、クローネンバーグの作風が大きく変わってしまいオリジナルの脚本を書く事もなくなってしまいました。最近の作品もいいんですが、昔からのファンにはちょっと寂しい気もします。ウィレム・デフォー扮するガススタンド店員のシーンや、怪しげな奇形魚養殖場とか直接的なヌードが出る訳では無いんだけど、全編的にエロティックだったりと魅力的なシーン満載です。ストーリーとしては、弱い気がしますけど、この映画に関してはストーリーなんてどうでもいい気がします。むしろ、ストーリーを上手くまとめちゃったのがちょっとマイナスな気がします。もっと、意味不明で突っ放した感じで終わった方が良かったのになぁ。
カッコイイ主役の二人(J・ジェイソン・リー、ジュード・ロウ)と、不気味な特撮造形物を見ているだけで、個人的に大満足だった。ストーリー展開は、少々難解で、一般的にいえば、スムーズさに欠けている部分はあると思った。ただ、この映画の、頭の中でさまざまな要素がミックスされるような不思議な感覚を、自分は評価したい。特撮がらみで、特にお気に入りのシーンは、・ 生物加工工場・ 屋外の生物養殖池である。気味の悪さが何ともいえない。頭で感じる作品として、かなり気に入っている。

『裏切られたので王妃付き侍女にジョブチェンジ!』、他8作品更新!

次回更新は

最近発売のコミックス書籍

前回までの更新

『異世界でも無難に生きたい症候群』、他14作品更新!

『迷宮ブラックカンパニー』、他13作品更新!

2021 12 月号 配信!

『めっちゃ召喚された件 THE COMIC』、他6作品更新!

『魔導の系譜』、他9作品更新!

『侯爵嫡男好色物語 ~異世界ハーレム英雄戦記~』、他11作品更新!