DVD , 外国映画 , SF,インクレディブル・ハルク(1枚組),elijahpowell.com,709円,/cursus1455414.html,[DVD] 709円 インクレディブル・ハルク(1枚組) [DVD] DVD 外国映画 SF インクレディブル 在庫一掃売り切りセール ハルク 1枚組 DVD DVD , 外国映画 , SF,インクレディブル・ハルク(1枚組),elijahpowell.com,709円,/cursus1455414.html,[DVD] 709円 インクレディブル・ハルク(1枚組) [DVD] DVD 外国映画 SF インクレディブル 在庫一掃売り切りセール ハルク 1枚組 DVD

インクレディブル まとめ買い特価 在庫一掃売り切りセール ハルク 1枚組 DVD

インクレディブル・ハルク(1枚組) [DVD]

709円

インクレディブル・ハルク(1枚組) [DVD]

商品の説明

内容紹介

その強さ、驚愕! 史上最もパワフルなバトル・アクション・ヒーロー登場!

【ストーリー】
科学者ブルース・バナーは放射線実験で大量のガンマ線を浴び以来、
怒りを感じるとアドレナリンの泌とともに巨大な緑色のモンスター“ハルク”に変身する特殊体質となってしまう。
自らの治療薬開発に取り組みながら潜伏生活を送るブルースだったが彼の血清を軍事実験に利用しようとするロス将軍は恐るべき手段を使い、
ブルースを追い詰めていく…。

【映像・音声特典】
■ルイ・レテリエ監督とティム・ロスによる音声解説
■予告編集

【Copyright】The Incredible Hulk, The Movie (C)2008 MVL Film Finance LLC. Marvel, The Incredible Hulk, all Character names and their distinctive likenesses:TM amp; (C) 2008 Marvel Entertainment, Inc. and its subsidiaries. All Rights Reserved. Super Hero is a co-owned registered trademark

※ジャケット写真、商品仕様、映像特典などは予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

内容(「Oricon」データベースより)

マーベル・コミックの人気ヒーローが再び実写映画化!科学者ブルース・バナーは放射能実験で大量のガンマ線を浴びて以来、怒りを感じるとアドレナリンの分泌と共に巨大な緑色のモンスター“ハルク”に変身する特殊体質となってしまう。そんな彼を軍事実験に利用しようとするロス将軍は、恐るべき追手たちを送り込んでくる…。エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロスほか出演。

インクレディブル・ハルク(1枚組) [DVD]

マーベル作品なのだけれど、エドワードノートンが主役という時点で、なんというかサスペンス的であったり雰囲気重視っぽくなってしまう不思議な感じのヒーロー映画。アイアンマンやキャプテンアメリカのノリで観るとたぶんテンションは下がります(笑)でも、作風としてしっかりと重厚感があり、ヒーローものというよりも化物になってしまった一人の青年の苦悩と葛藤という感じが強く表現されており、MCUとしてではなく単体の作品としても完成度は高いよう思えます。正義とか、悪とか、勧善懲悪を求めている内容ではないです。力を手に入れた人間がどう動くのかという、筋肉ムキムキな最強ビジュアルとは対照的に、登場人物みんなが不安定な気持ちで戦い続けています。エドワードノートンが他MCU作品に参加しないため、様々な伏線やキャラクターのバックグラウンドを回収せず、なんとも浮いた作品になってしまったことは否めないのが残念ポイント。
本編を決して吹替版で見ないこと。主人公ブルース・バナー一言目から一体どこのおっさん連れてきて喋らせてるんだ?と思うほどの珍妙な演技。いや、あれを演技と表現していいのか?抑揚も感情も声量もどこかへ忘れてきてしまったかのようなただただ台本に書かれた文字列を声に発しているだけの粗末なもの。これでは本来の10分の1すら本編を楽しめません。(本来の評価も★3程度だが)主人公が喋る度ミズシマヒロが現実世界へ引きずり戻してくれます。『メン・イン・ブラック』最新作を芸人ユニットが担当するというニュースが世間を騒がせていますが、劇場映画へのタレント(演技の粗末な)採用は今後も消えることはないのでしょう。担当声優の情報くらいは事前にキャッチして、苦痛な2時間を購入しないためにも注意を払おうと肝に銘じました。
映画でもゲームでも吹替版というのもは、ただ雰囲気とか世界観をぶち壊すだけの汚物だと思ってるけど、やっぱりそうだった。とにかく主要メンバー2名の声優が、人類史上発のレベルの低さ。将来声優目指してる中学生が頑張ったような感じしかせず、明らかに雰囲気をぶち壊している。なぜこれでGOが出たのか、理解することは出来ない。脇役は普通なのに。ストーリーはありきたりな勧善懲悪を少しひねっただけの、アメリカの典型的ないつもの話。行間を読む、空気を読む、など、見えないものを容易に読むことができる日本人からしたら、かなりの薄っぺらさを感じてしまう。CGもダサい。つまり、あまり褒めるような部分が無いアメリカ人だけがワクワクする低レベルの出来具合。案の定、我々日本人からしたら、10秒で要約出来てしまう話に仕上がっている。特に盛り上がりもない。アイアンマン1を見た後、アベンジャーズに至るまでの中間モノとしてみたので、大好きなトニー・スタークが出てきたことで星を1つ増やしたけど、本来星は1つ、本音をいえばゼロがふさわしいと思う。
既にレビューで酷評されているように、日本語吹き替えは主役がダメですね。タレント吹き替えに当たりナシ、と言いたいぐらい(例外は有りますが)。序盤の展開が早すぎましたが、『HULK』が不評だったのでやり直し、と言う話を思い出しました。ここは不親切で、モノローグで「あの実験から〇か月…命は取り留めたが、怒れる巨人となってしまった私は、故郷を捨て、このブラジルに隠れ住んでいた。もう二度と怒りの衝動に負けないために」とか入れとくべきだったでしょう。『アベンジャーズ』もそうですが、CGのハルクに魅力を感じない(そもそも実在の俳優との違和感がある)ので、まったく見るべきところがありません。このままコロナでヒマなら、字幕で見直すかもしれませんが。追記:『ハルク』(吹き替え版)に続き、本作を字幕版で視聴。CGのハルクは、そう悪くはなかった、本作では。『逃亡者』リチャード・キンブル(デビッド・ジャンセン氏)ばりにアメリカ国内を逃げ回る(例外あり)がオリジナルの魅力なので、潜伏先が南米なのは引っかかる。おそらく「国内に潜伏する」事にリアリティがなくなっていいるのだろう(『新・逃亡者』も1シーズンで打ち切られたし)。最初の流血、チェックが甘すぎる。危機管理能力の低さが露呈しており、共感できない(スタン・リー先生の出番は良かったが)。そもそもイントロダクションの「実験の際のウィンク」が自信過剰すぎてイヤ。こんなのブルース・バナーじゃない。ブロンスキーがアボミネーション(ヴィラン)になる訳だが、本人がバトルジャンキーと言う設定で、過剰なドーピングを大学で強要した結果なので、ロス将軍の罪が軽くなっている。「緑のヤツを支援しろ!」と言ってたが、両方碧でしょ、ロス将軍。カラーリング的には(ハルクの亜種なので)仕方が無いのだが、むしろレッドハルクを抜擢すべきだった。本作の欠点としては、前作と違いアメリカ軍との交戦が兵士レベルに限定されていて、戦車等の兵器とまともに戦っていないのが残念。これがハルクの売りなのだから(自在する権力(圧力)との激突、と言う意味で)。これと併せて、ラストバトルも残念。前回よりアクションは格段に増えたが、そもそも「能力が同じなら、筋金入りの兵士であるブロンスキーの方が有利」な訳で、そこを挽回する理由が欲しかった。なので、本来のハルクの売りである「純粋さ」を押し出す演出で勝つのが筋だろう。原作への解析が足りない。ちなみに「ハルク・スマッシュ!」が不評なようだが、従来だと「ハルク、殴る!」と訳されて(幼さ=純粋さの現れ)いるので、ここは日本語版の問題か。原作は「若者の反抗心(純粋さ)」がベースにある。だから理不尽さに対しハルクは怒り、それに読者(10代や若者)の共感を得ていた訳だ。だからこその軍隊との激突(「アメリカ陸軍を敵にSいてはいけない」とコミックコードに明記されていない為の措置でもあるが)であり、ここには無理解な教師や親が投影されていたのだ。従って、ハルクは知性と体力がバナー博士と逆転した存在ではあるが、無垢である。それが彼の特徴であり長所なので、「女が死ぬところを見てろ」というブロンスキーの挑発で奮起するよりは、「弱者(幼児等)に危険が迫る」という描写を挟み、彼らの為に立ち上がる(巨大化するのが分かりやすい)と言うパワーアップを経て勝つべきであった。やり直し(リブート)してこの出来な上に、アベンジャーズありきな映画なのにバナー役がこれ1本で、しかもその俳優に魅力を感じない(マーク氏の方が上)なので、星2つがせいぜい。

タグ一覧

最新記事

就活をはじめる以前に、本当はいろんな不安や悩みがありますよね。
「面倒くさい、自信がない、就職したくない。」
大丈夫。みんなが最初からうまく動き出せているわけではありません。

ここでは、タテマエではなくホンネを語ります。
マジメ系じゃないけどみんなが気になる就活ネタ。
聞きたくても聞けない、ホントは知りたいのに誰も教えてくれないこと。
なかなか就活を始める気になれないモヤモヤの正体。
そんなテーマを取り上げて、ぶっちゃけて一緒に考えていきましょう。

みなさんが少しでも明るく一歩を踏み出す気持ちになれることが、
私たちの願いです。