2739円 ジュラシック・ワールド/炎の王国 3D+ブルーレイセット [Blu-ray] DVD 外国映画 SF [Blu-ray],elijahpowell.com,/balneotechnics1455339.html,2739円,3D+ブルーレイセット,ジュラシック・ワールド/炎の王国,DVD , 外国映画 , SF 2739円 ジュラシック・ワールド/炎の王国 3D+ブルーレイセット [Blu-ray] DVD 外国映画 SF ランキングTOP5 ジュラシック ワールド 炎の王国 3D+ブルーレイセット Blu-ray [Blu-ray],elijahpowell.com,/balneotechnics1455339.html,2739円,3D+ブルーレイセット,ジュラシック・ワールド/炎の王国,DVD , 外国映画 , SF ランキングTOP5 ジュラシック ワールド 炎の王国 3D+ブルーレイセット Blu-ray

ランキングTOP5 ジュラシック ワールド 炎の王国 3D+ブルーレイセット Blu-ray 輸入

ジュラシック・ワールド/炎の王国 3D+ブルーレイセット [Blu-ray]

2739円

ジュラシック・ワールド/炎の王国 3D+ブルーレイセット [Blu-ray]

商品の説明

内容紹介

2018年洋画国内興収第1位! 超巨大ヒット作が緊急リリース!!

生命は、新たな道を見つける


燃えさかる火山の島から恐竜たちを救出できるのか?!
新たな体験が待ち受ける大ヒットシリーズ最新作!!

■火山の大噴火や暴れまわる恐竜の圧倒的な迫力を体感!
激しい火山の噴火や強大な恐竜たちが人間たちに迫り襲いかかる!
従来からの壮大なアクション・アドベンチャーに加え、サスペンスドラマの要素もより強力になり、
どのシーンもドキドキ感が半端ない!

■T-レックスやラプトルに加え、さらに凶暴かつ強大な新種が登場!
お馴染みの暴君T-レックスや、成長したヴェロキラプトルのブルー、陰の主役級モササウルスなど、
前作でも人気の高かった恐竜たちはバッチリ健在! さらに、今回も極めて危険な新種が現れ、人間たちを恐怖に陥れる!

■新たなキャストも加わり、さらにパワーアップした豪華吹替陣!
前作に続いてオーウェン役に玉木宏、クレア役に木村佳乃を迎え、新たに「東京2020」の応援ソングで話題の住田萌乃や
人気俳優の満島真之介らが加わり、しっかりと脇を固めるベテラン声優陣とともに、作品の緊迫感を大いに高めている!

【ストーリー】
あの大惨事から3年――
大人気テーマパーク「ジュラシック・ワールド」は、今や放棄され、恐竜たちがたくましく生き抜く、野生の島へと姿を変えていた。
しかしある日、島内で巨大な火山噴火の予兆が観測される。
タイムリミットが近づく中、選択を迫られる人間たち。
恐竜たちの生死を自然にゆだねるのか、それとも命をかけて救い出すのか――

【キャスト】
オーウェン・グレイディ:クリス・プラット[玉木 宏]
クレア・ディアリング:ブライス・ダラス・ハワード[木村佳乃]
イーライ・ミルズ:レイフ・スポール[内田夕夜]
フランクリン・ウェブ:ジャスティス・スミス[満島真之介]
ジア・ロドリゲス:ダニエラ・ピネダ[石川由依]
ベンジャミン・ロックウッド:ジェームズ・クロムウェル[中田譲治]
エヴァーソル:トビー・ジョーンズ[高木 渉]
ケン・ウィートリー:テッド・レヴィン[黒田崇矢]
イアン・マルコム博士:ジェフ・ゴールドブラム[大塚芳忠]
ウー博士:B・D・ウォン[近藤浩徳]
アイリス:ジェラルディン・チャップリン[池田昌子]
メイジー・ロックウッド:イザベラ・サーモン[住田萌乃]

【スタッフ】
監督:J・A・バヨナ(『永遠のこどもたち』『インポッシブル』『怪物はささやく』)
脚本:デレク・コノリーamp;コリン・トレボロウ(『ジュラシック・ワールド』)
キャラクター原案:マイケル・クライトン(『ジュラシック・パーク』シリーズ)
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ/コリン・トレボロウ

【特典】
lt;ブルーレイ 特典gt;
●クリスとブライスの撮影風景
●王国の進化
●再びハワイへ
●イスラ・ヌブラル島のアクションシーン
●アルカディア号の内部
●インドラプトルの誕生秘話
●競売会場のアクション
●恐竜による死
●家の中の怪物
●屋根上の決戦
●マルコム再び
●視覚効果の進化
●炎の王国:関係者のトーク
●王国に捧げる歌
●クリス・プラットのジュラシック・ジャーナル

■製作:2017 アメリカ

(C) 2018 Universal Studios. All Rights Reserved.

※映像特典、商品仕様、ジャケット写真などは予告無く変更となる場合がございます。

内容(「Oricon」データベースより)

あの大惨事から3年―。大人気テーマパーク「ジュラシック・ワールド」は、今や放棄され、恐竜たちがたくましく生き抜く、野生の島へと姿を変えていた。しかしある日、島内で巨大な火山噴火の予兆が観測される。タイムリミットが近づく中、選択を迫られる人間たち。恐竜たちの生死を自然にゆだねるのか、それとも命をかけて救い出すのか―。


メーカーより

【Amazon.co.jp限定】ブルーレイ+DVDセット(特典映像ディスク付き) 【Amazon.co.jp限定】3D+ブルーレイセット(特典映像ディスク付き) 【Amazon.co.jp限定】4K ULTRA HD+ブルーレイセット(特典映像ディスク付き)
Amazon.co.jp限定版特典 ●:特典映像ディスク ●:特典映像ディスク ●:特典映像ディスク
Blu-ray
3D
4K Ultra HD
DVD
ディスク枚数 2枚 2枚 2枚
発売日 12月5日 12月5日 12月5日
ジュラシック・ワールド/炎の王国 ブルーレイ+DVDセット ジュラシック・ワールド/炎の王国 3D+ブルーレイセット ジュラシック・ワールド/炎の王国 4K ULTRA HD+ブルーレイセット
Amazon.co.jp限定版特典
Blu-ray
3D
4K Ultra HD
DVD
ディスク枚数 2枚 2枚 2枚
発売日 12月5日 12月5日 12月5日
【Amazon.co.jp限定】 5ムービー ブルーレイ コレクション(5枚組)(特典映像ディスク付き) 【Amazon.co.jp限定】 5ムービー DVD コレクション(5枚組)(特典映像ディスク付き) 【Amazon.co.jp限定】 5ムービー 4K UHD コレクション(5枚組)(特典映像ディスク付き)
Amazon.co.jp限定版特典 ●:特典映像ディスク ●:特典映像ディスク ●:特典映像ディスク
Blu-ray
3D
4K Ultra HD
DVD
ディスク枚数 5枚 5枚 5枚
発売日 12月5日 12月5日 12月5日
ジュラシック・ワールド 5ムービー ブルーレイ コレクション(5枚組) ジュラシック・ワールド 5ムービー DVD コレクション(5枚組) ジュラシック・ワールド 5ムービー 4K UHD コレクション(5枚組)
Amazon.co.jp限定版特典
Blu-ray
3D
4K Ultra HD
DVD
ディスク枚数 5枚 5枚 5枚
発売日 12月5日 12月5日 12月5日
【Amazon.co.jp限定】ジュラシック・ワールド/炎の王国 3D+ブルーレイセット スチールブック仕様(特典映像ディスク付き) 【Amazon.co.jp限定】ジュラシック・ワールド/炎の王国 4K UHD+ブルーレイセット スチールブック仕様
Amazon.co.jp限定版特典 ●:スチールブック仕様/特典映像ディスク ●:スチールブック仕様
Blu-ray
3D
4K Ultra HD
DVD
ディスク枚数 2枚 2枚
発売日 12月5日 12月5日

ジュラシック・ワールド/炎の王国 3D+ブルーレイセット [Blu-ray]

ストーリー紹介にある恐竜救出場面は最高です!跳ぶ!疾走する!鈎爪!牙!叫ぶ!逃げる!最終場面では涙ぐみそうになりました。「これをラストに持ってくればいいのに」と映画館で思いました。しかし、まだ続くのです。行動範囲や場面はどんどん狭くなり、スケールも小さくなっていきます。走りません。跳びません。ラストも私はあまり好きではありません。今までのパークからのシリーズ、全て映画館で見ていますが、怖がったりドキドキしたあげく、ラストは「少々ご都合主義かなぁ。」と思いつつ、大人も子供も「よかったね」と笑顔で映画館を後にしてました。今回はもやっとしたままでした。ジュラシックシリーズはみんなが理屈抜きで楽しめる娯楽映画でいいんじゃないですかね。3作るらしいですが、恐竜は怪獣ではありません!怪獣映画も好きですが、怪獣映画にしてほしくないです。今までのジュラシックシリーズの作り手は恐竜に畏敬と敬愛の念を持っていたんだな。と思いました。今回はどうなんだろう。あと一番残念だったのが、人間の欲望を絡めた今回のストーリーに既視感が。私だけかもしれませんが今までのシリーズの作品に重ね合わせて見てしまいました。しかも今回の方がスケールダウンしてます。前作でせっかく新しい扉を開いたんだから、見たことのないストーリー展開してほしかったです。ジュラシックシリーズ大好きです。特に前作はパークシリーズで見れなかったオープンしたパークを見て度肝を抜かれ、本当にワクワクしました。個人的感想ですが、前作が1番好きで、今回のはパーク三作より好きではないかなあ。次回作、大いに期待して待ってるのでがんばってほしいです!邦題の「炎の王国」って、まさに最高に盛り上がる前半部分だけのお話に対してつけたんですよね。それがこの映画を物語ってる気がします。2019.12追記この監督、「怪物はささやく」の監督だったと知りました。そっか「炎の王国」はファンタジー映画だったんだ~!
前作でついに夢のテーマパークを体感させてくれたジュラシックシリーズ最新作。新たな幕開けのワクワク感と単純明快なストーリーで始まったジュラシックワールドの続編は、これまでの魅力にさらに深みを加えた感動作でした…!恐竜映画って男の子向けのイメージがあるし、ちょっと怖そうだとか思っていた女子もぜひぜひ観て欲しい。ハラハラドキドキスリル満点、そんなこれまでのパニックムービー要素だけじゃない、泣ける。泣きました。そして上映期間終了まで毎週のように劇場に通うほどハマりました。胸を張って今一番大好きな映画!ておすすめ出来ます。前作でクレアが言っていた「今の子供達にとって恐竜は動物園の象と同じ」それくらい身近な存在となっている恐竜が、絶滅の危機に瀕している。パークの悲劇を忘れたわけではないし、実際は象ほどの親近感を抱いている人よりも恐竜への恐怖心を持った人の方が多いかもしれない。それでも、彼らを救済したいと思う人間が出てくる事は自然だと思う。太古の生物への憧れと敬意、単純な好奇心。そういった感情が沢山の人の中にあったからこそあの事件の前までパークは大盛況だったわけですし、実際に目の前で生きている彼らを見たらもう、恐竜は資料の中の伝説じゃなくそこに存在している生き物で、感情移入したり共感したりするのも何ら不思議ではない。心を通わせる事だって不可能ではないと思うのです。今作の見所の一つが、そんな人間と恐竜の新しい関係性を見せてくれたオーウェンとヴェロキラプトルのブルー。前作でもクレジット的には主役だったオーウェンですが、実際の物語はクレアの甥っ子兄弟にスポットが当たっていて、オーウェンはとにかくかっこ良くて頼れるお助けヒーローでした。でも、もちろんオーウェンにもそれだけでない面がある。個人的には前作よりも色んな表情を見せてくれた今作のオーウェンがとてもとても大好きです!前作で気を張っていたクレアも今作では本来の自然体な彼女を見る事が出来る。そんな2人の関係も前作よりピックアップされている印象で、より登場人物への感情移入も出来る作品になっています。今作でオーウェンとクレアの事もより一層大好きになりました。今作からの登場となるジアとフランクリンもとても良いキャラクターで、最終章で出番があるかは分かりませんが、私は彼らともまた再会したいなと思います。そして今作のキーパーソンの1人ともいえるメイジーちゃん。とてもとても可愛いです。次作でどう活躍してくれるのか、期待が膨らみます…。賛否ある吹き替え版についてですが、私は玉木オーウェンと佳乃クレアも大好きです!!アニメだったら違和感あるかもしれませんが、吹き替えにおいてはお二方のお芝居はとてもナチュラルで何ら問題なかったと思います。むしろもう玉木さんの声を聞いたらクリス・プラットの顔が浮かぶくらい個人的には浸透しているので、最終章でも続投で頑張って頂きたいなあと思っております。今作のラストは色々な事を考えられると思います。単純に、え、これどうやって完結させるんだろう…ていう作品への心配もあったり、とんでもない行為なのだけど、でもどこかでああしてくれて良かったという思いもあったり。でも、どうあれジュラシックシリーズとしても新たな扉を開いてくれた今作。「ようこそジュラシックワールドへ」最終章へ繋がる、最高のエンディング入りでした。最後に映像の魅力についても声を大にして主張したい。今作の映像もとにかくめちゃめちゃすごい!!!!実物を見たことがないはずの恐竜なのに思わず「めっちゃリアル…」とか言ってしまう。CGも素晴らしいけれど、アニマトロニクスを作製、操作してくれた職人さんたちにも心からの拍手を。
1から全て見てます。それを踏まえての感想になります。予告にあったような火山と恐竜とオーウェンさんご一行の図はさっさと終わります。その後は欲に塗れた大人の悪巧みを、恐竜とオーウェンさんご一行がボコボコにするという図。この展開、一体何度やれば気が済むんだよ?!ってくらい見飽きたパターンです。恐竜のDNAを持ち出されるのも、いい加減にしろと言いたい。旧作見てると「おお! あの時のあれか!」と懐かしくなる部分もあるにはありますが、いくら何でも過去作品の踏襲が酷過ぎます。映像は綺麗だし、俳優陣(吹き替えじゃなく役者さん達)は本当にそこに恐竜がいるかのような演技で素晴らしいので勿体ないし、余計脚本が酷過ぎると感じました。特に最後の最後、スイッチを押す決断を何故、その子がするのか。させるのか。その子に纏わる秘密があったとしても、まだかくれんぼを楽しむ程度の子供ですよ?その子に決断させる結果になった大人たち、何やってんだと腹が立ちました。オーウェンさん御一行以外の人間に、悪者配置しすぎなんじゃないですかね。人間にだって善意はあるはず。なのに、その手の役回りを戦って、逃げて…を担うオーウェンさん御一行に丸投げしすぎなんじゃないかと。人間の悪辣な部分を恐竜がぶっ飛ばしたからと言って全然爽快にはなりません。もう続編、作らないで貰いたい。タイトル詐欺もいい所です。火山噴火と戦うものと期待してたので、見続けるのが苦痛でした。
旧作品へのオマージュよりも、トランプ大統領をディスるよりも、次回作に繋げるよりも、この一作として他にもっと大切なことがあるだろうという感想です。ジュラシックパーク1作目は、頭を空っぽにして観ることができるエンターテインメント作品として最高でしたが、背景には生命すらも自由にできると考える人間の愚かな万能感や、個人的にはスピルバーグ作品に通底するテーマと考える「父性」のメッセージが込められていたからこそ、厚みがあり何度観ても飽きることのない名作だと考えます。しかし本作は、確かに映像的には迫力のあるシーンも多いのですが、悪役が言う主人公達のエゴに対しては中途半端な解決しかみせず、そこに特殊なキャラクターを使ってまでも、生命の大切さを説かせたうえで「自由に生きる権利があるのよ!」とばかりに、人間社会に恐竜を解き放つというメチャクチャ。全ての命は大切なのと言いつつ、肉食恐竜がウロウロして人を襲う世界を良しとしているのかと全くスッキリできない終わり方。逆に、この世の中は「弱肉強食の世界」だから強い恐竜が人間を襲うことは正しい、人間が襲われるのは弱いからだというメッセージであれば納得はできますが…。ついでに前作のインドミナスレックスの「あぁ…これは人間では勝てないわ。」という絶望的な強さと比較して、インドラプトルのキャラクター的な貧弱さ。今までにこれでもかと登場してきたヴェロキラプトル以上の強さや恐怖感は全く感じられませんし、主人公達との追いかけっこは、過去作と特に変わり映えもせず新鮮さもゼロ。他にも、あんなに派手に船に乗り込んで、敵は誰も主人公達に気づかないのといった疑問、イスラ・ヌブラル島ってアメリカから船で一日の距離にあったのといった細かい点も観ながら気になってしまう始末。そろそろ恐竜は、B級サメ映画で有名なアサイラムあたりに任せるくらいでちょうどよい存在になったのかもしれません。個人的にはシリーズ最大の駄作だと思いますが、あえて言うならパキケファロサウルスの石頭っぷりが、可愛いので星2つにしました。
おすすめ動画
おすすめ同人誌