怒りのデス・ロード,DVD , 外国映画 , アクション,/Brownist1455702.html,elijahpowell.com,マッドマックス,Blu-ray(初回限定生産/2枚組),548円,<ブラッククローム>エディション マッドマックス 全商品オープニング価格 怒りのデス ロード <ブラッククローム>エディション 2枚組 初回限定生産 Blu-ray 548円 マッドマックス 怒りのデス・ロード <ブラッククローム>エディション Blu-ray(初回限定生産/2枚組) DVD 外国映画 アクション マッドマックス 全商品オープニング価格 怒りのデス ロード <ブラッククローム>エディション 2枚組 初回限定生産 Blu-ray 548円 マッドマックス 怒りのデス・ロード <ブラッククローム>エディション Blu-ray(初回限定生産/2枚組) DVD 外国映画 アクション 怒りのデス・ロード,DVD , 外国映画 , アクション,/Brownist1455702.html,elijahpowell.com,マッドマックス,Blu-ray(初回限定生産/2枚組),548円,<ブラッククローム>エディション

マッドマックス 全商品オープニング価格 怒りのデス ロード 日本限定 <ブラッククローム>エディション 2枚組 初回限定生産 Blu-ray

マッドマックス 怒りのデス・ロード <ブラッククローム>エディション Blu-ray(初回限定生産/2枚組)

548円

マッドマックス 怒りのデス・ロード <ブラッククローム>エディション Blu-ray(初回限定生産/2枚組)

商品の説明

内容紹介

ジョージ・ミラー監督が“本作のベスト・バージョン"と豪語。
lt;ブラックamp;クロームgt;エディション、遂に降臨! !


アカデミー賞6部門受賞の快挙を遂げ、世界中を熱狂させた『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が、究極のバージョンとなって帰ってきた!
『マッドマックス 怒りのデス・ロードlt;ブラックamp;クロームgt;エディション』はジョージ・ミラー監督が“本作のベスト・バージョン"と豪語する、まさに必見のバージョンだ。
その息をのむような映像は、本作の世界観を美しく際立たせ、よりMADlt;狂気gt;に満ちた本質に迫る、感性に満ちた芸術的作品となっている。

共鳴せよ。BLACKamp;CHROMElt;ブラックamp;クロームgt;に染まれ。

壮絶な過去を引きずりつつ、荒廃した世界をさすらうマックス・ロカタンスキー(トム・ハーディ)は、
大隊長フュリオサ(シャーリーズ・セロン)率いる集団と出会い、「緑の土地」を目指す逃避行に加わる。
振り返れば大勢の手下を従えて反逆者を猛追する敵の首領の姿が。今ここに、爆音轟くカーバトルが勃発する!


※パッケージデザインは変更になる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

「マッドマックス」シリーズの創始者、ジョージ・ミラー監督が再び手掛けたバイオレンスアクションのブラックamp;クロームエディション。元警官のマックスが民衆を支配するジョーと戦いを繰り広げる。カラー版とモノクロ版を収録。


メーカーより

マッドマックス 怒りのデス・ロード <ブラッククローム>エディション Blu-ray(初回限定生産/2枚組)

こういう迫力ある映画こそ映画館で観るべきです!!みなさん映画館に行きましょう!私ですか?家のテレビで見ました。なので、この評価です。ストーリーも意表を突いた内容ではなく、派手さを楽しむ映画です。映画館の大画面、大音響で見てこそ、心に残る映画だと思います。なので、もう一度言います。みなさん、映画館に行きましょう!!
そんなジャンルはありません(笑)。でもそう呼びたくなるユニークネスと素晴らしさ。砂漠でのモノトーン調を背景に、ぶっ飛んだマシンとギミック群、個性的なキャラクターと衣装、そしてこだわり抜いたディテールを見事な編集で展開。まるで舞台芸術を観ているような美しさです。音楽もいい。劇中で太鼓をドンドコやったり、炎吐くギターをならしてるのも舞台っぽくみえる所以かと。アクションはシリーズならではの、かつてスタントで死人が出たといわくつきの生身アクションが、これでもかと展開。それが先の芸術的演出と相まって、美しいやら激しいやらの見たことのない絵に仕上がってます。もう一つ、オペラ要素として外せないのは、シャーリーズ・セロン演じるフュリオサの騎士道的かっこよさ。漢気にあふれ冷静沈着、そして美しい。逆にマックスの、フュリオサのサポート役に徹する演出は、昨今の時代ならでは、かと。ちなみにフュリオサ(Furiosa)とはラテン語で「怒れる女性」とのこと。したがって原題の「Fury road」はフュリオサにとっての道です。Amazon Primeでの二度目の鑑賞で、当然結末を知っている訳ですが全く飽きません。むしろ息もつかせぬ1回目より、オペラ感を楽しんだ2回目の方が良い印象。CG隆盛の単細胞アクションがあふれる中、アクション映画の表現の可能性を知らしめる素晴らしい作品です。
他の人も書いてたけど、アカデミー賞10ノミネート6受賞した作品しかし、音編集、美術、メイキャップとかそのへんしか取れてないよね?それだけの話しってわけさ。最初の20分ぐらいはすげー!って思ったけど、後半ダラダラよね?オズの魔法使いのオマージュだとかなんとかって書いてもあったけど.....それ見てなきゃいけない前提ですか?メル・ギブソンのマッド・マックスじゃないけど、車とかすげー出てくんだろ!北斗の拳みたいなヒャッハー出てくるんだろ?オラわくわくすっぞ!!って期待してたけど期待はずれ少しドラマの後にドライブして、少しドラマが有ってドライブして.....これドラマいらなくね?感じ方はそれぞれだけど映画としてみるのなら「ツマラン」の一言に限るただ、バイクと車が好きな人ならハマると思うとにかく、スタントマンの人達すげえわ?それだけは見る価値はある。ストーリー的には☆一つだけど、スタントマン的には☆5つですわ?
ずっと車が走りっぱなしだし、その中での攻防もすごいなと思うが腑に落ちない。タンクの銛を無防備にも切りに来たマックスを銃で撃てばすぐにでも終わった。まぁ、最初から命の危機に合ったマックスは主人公補正で死ぬことはない笑イモータンジョーが支配する世界ではあるが、どんな支配ぶりかもよく分からない。フュリオサが逃走するのはもちろん自由になるためではあるけど、どうやってタンクに連れ出したのか、あんなに白塗りたちがいるのによくバレなかったなと。ラストを見るとほんとに腑に落ちない。ネタバレを回避して感想言うなら、なんで?それでいいの?なんで?どうして?と疑問しかない。全編通していちいちツッコめる映画だ、ひとりで見るとつまらないのかもしれないね。最後に、ニュークスって簡単に裏切りすぎだろw